顔面格差社会においては男性であっても美容を重視するべきです。

顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】

ニュース 外見が悪いと人生が上手く行かない

ブサイクは障害者なのか?【障害者手帳は貰えない】

更新日:

スポンサーリンク

ブサイクは障害者だ!と主張する人が世の中にはいます。

確かに、ブサイクと言うのは、見方によっては障害者とも取れるわけです。

実際に、イケメンの人と比べてしまった場合に、仕事でも、恋愛でも、結果を出すのが非常に難しい現実があります。

イケメンであれば仕事では評価されやすいですし、恋愛では異性にチヤホヤされます。

しかし、ブサイクは仕事では無駄に怒られたり、仕事も教えてもらえない、恋愛では需要がゼロという事も少なくありません。

それを考えれば、大きなハンディを背負っていますし、障害者だとも取れるわけです。

しかし、問題はブサイクの場合は、法律などで保護されていませんし、障害者認定されるケースはまずありません。

今回は、ブサイクは障害者なのか?と言う事を考えていきたいと思います。

 

関連記事:【人は見かけによらない】は99%嘘!人間は見た目通りの扱いをされる

関連記事:ブサイクが幸せになれない理由

 

 

 

ブサイクは障害者なのか?

ブサイクは障害者なのか?ですが、先にもお話ししたように障害者と言えば、障害者になるのでしょう。

障害と言うのは、「耳が聞こえない」とか「目が見えない」などの事を指す場合が多いです。

自分は吃音があるのですが、「吃音」というのは、障害者なのか?と言えば、微妙な所もあります。

吃音者の人はスラスラ喋れる時もあれば、吃音でどもってしまう事もあるからです。

障害者であれば、急に耳が聞こえる様になったり、目が見えるようになったりする事はありません。

しかし、吃音者の場合は、すらすら喋れる時もあるからです。

障害者の定義の一つに、「急に治るのか?」という事も含まれるのではないでしょうか?

ブサイクの場合は、午前中はブサイクだったけど、午後は「イケメン」だったとか、そういう事はありえません。

もちろん、髪型を変えたりすればマシになったりしますが、急にイケメンになったりする事はないでしょう。

さらに、ブサイクは虐められる可能性も高いですし、社会的に弱者と言えます。

それを考えれば、もちろんブサイクは障害者という側面を持ちます。

 

 

 

ブサイクでは障害者手帳を貰えない

ブサイクの最大の欠点は、この記事を書いている段階では、障害者手帳を貰えない事です。

法律的には、ブサイクは障害者として認められていない事になります。

調べてみましたが、ブサイクが原因で障害者手帳を貰えた例はないみたいです。

法律的に考えればブサイクは障害者ではありません。

ブサイクが障害者手帳を貰えるにしても、判定が難しい所があります。

ブサイクと言っても「ちょっとブサイク」「微妙なブサイク」「1パーツだけブサイク」等があるからです。

それを考えると、判定するのが困難だと言えます。

そのため、これから先もブサイクが障害者認定される可能性は限りなく低くなります。

それに太ってブサイクとなった場合に障碍者手帳が貰えるのであれば、一時的に太って障害者手帳をゲットしてしまう人も現れるはずです。

ブサイクを障害者と認定する基準を作るのが非常に困難と言えるでしょう。

ブサイクは差別されたりしやすいわけですが、障害者認定される可能性は、今後ほぼないと自分は考えています。

世の中の理不尽さを感じるかも知れませんが、これが現状です。

 

ブサイクを不治の病と考えている人も多い

ブサイクが障害者認定される事は、まずないという事は分かったのではないでしょうか?

ブサイクを「不治の病」と考えている人も非常に多いです。

ブサイクは顔を変える事が出来ないと考えて、永久に治らないと考えている人も多いと言えます。

しかし、美容技術が発達した現在であれば、ブサイクは治す事は可能だと言えます。

ブサイクを治すと言うと、整形を思い浮かべるのかも知れません。

しかし、整形をしなくても肌の質を良くしたりする事で十分に外見は変える事が出来ます。

どうしてもダメな場合は、整形するしかありませんが、多くの場合で美容に力を入れる事で、雰囲気イケメンになる事は可能です。

ブサイクは不治の病ではありません。

不治の病ではない事を考えれば、ブサイクは障害者とは言えない側面もあるのでしょう。

ただし、日本には整形をタブーだとする声も大きいですし、整形に対して批判的な声も多いです。

ブサイクが病気だとしたら、病気を治療して批判されるのは変な話でもあります。

それを考えれば、いくら美容をしても治せないような外見であれば、障害者に限りなく近いと言えるでしょう。

しかし、大半のブサイクは治療?が可能とも言えます。

 

 

ブサイクはイケメンと比べると圧倒的に苦労が多い

障害者という事を考えた場合ですが、健常者と比べた場合にハンディが大きいと障害者だと言えます。

イケメンとブサイクを比べた場合ですが、ハンディは限りなく大きいと言えるでしょう。

イケメンとブサイクでは生涯年収の差は日本では、男性が5000万の差があるとも言われていますし、世界一の外見格差社会を生んでいるのが日本の現状です。

一説には韓国よりも、日本の方が容姿格差が大きいとも言われています。

しかし、ブサイクでは障害者手帳を貰う事が出来ないので、このハンディを背負い戦っていくしかないわけです。

結局のところ、理論的には障害者であったとしても、国から障害者だと認められない限りは、障害者認定はされません。

そういう理由もあり最終的には、障害者ではないという結論になってしまうわけです。

しかし、絶望する必要はありません。

 

関連記事:仕事の失敗で許される人と許されない人の違いは外見にあり!

関連記事:イケメンとブサイクでは生涯年収で5000万の差が付く事実!

関連記事:男は顔じゃないは嘘【信じた時点で負け】

 

外見レベルを上げていくしかない

ブサイクは障害者だと認定されません。

認定するにしても、判断方法が難しく認定基準を作るのも大変だと言えるでしょう。

それを考えると、外見を磨く意外に方法はない事になります。

最初の段階では、髭脱毛や効果がある化粧水、美容クリームなどを使い肌を綺麗にするところから始めるべきでしょう。

それでダメだったら、フラクションレーザーやBNLS注射などの美容整形などをやってみるとよいかと思います。

美容整形に関しては、クリニックで相談するのがよいかと思います。

それでもダメな場合は、整形をするのがよいかと感じています。

「整形」と言うと、悪いイメージがあるかも知れません。

実際に自分は整形はしていませんが、整形=悪だとも感じないわけです。

私の知り合いでも、整形はお金を掛けた努力の一つだと解釈している人もいます。

全ての人が「タブー」だとしているわけではなく、努力の一つだと考えている人も多くいるのが現状です。

特に外見に気を遣っているイケメンの方が、整形に関しては寛容な所があります。

自分が顔で得している部分が分かっているからなのでしょう。

しかし、ブサイクといってもダイエットに成功して痩せただけでも、イケメンや美人になれる人もいますし、整形までしなくても十分に外見は整うと言ってもよいでしょう。

障害者手帳を貰えない以上は、持っているパーツをフルに鍛え上げて戦うしかないと言う事です。

毎日の積み重ねにより、外見は劣化しないように磨いていきたいところです。

 

関連記事:ブサイクよりもイケメンの方が整形している事実。

関連記事:恋愛弱者のブサイクがモテる男になった方法

関連記事:外見が悪いと人生が上手く行かない

関連記事:見た目向上に関する記事一覧はこちらから

 

 

商品評価の一覧はこちらから

商品&サービスの評価・・S(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

    

 

-ニュース, 外見が悪いと人生が上手く行かない

Copyright© 顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.