顔面格差社会においては男性であっても美容を重視するべきです。

顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】

仕事 外見が悪いと人生が上手く行かない 恋愛

容姿格差【男性】恋愛・仕事のまとめ

更新日:

スポンサーリンク

容姿格差社会と呼ばれる時代になってきています。

これに気が付いていない人は、鈍い人と言えるかも知れません。

容姿格差については、口に出す事はタブーとされる場合も多くあります。

人を見た目で判断してはいけないなどの風潮も強くあるからです。

しかし、現代の世の中には、大きすぎるほどの容姿格差があり、外見により仕事・恋愛などの難易度が全て変わってきます。

もちろん、イケメンであれば恋愛も仕事も成功しやすいわけですが、ブサメンであれば給料も安く恋愛も上手く行く事は稀だったりします。

今までにも何度か、見た目の重要さやイケメンとブサイクによる所得の格差などを紹介してきました。

今回は、シンプルに分かりやすく男性の容姿格差について解説します。

 

関連記事:3高(高学歴・高身長・高収入)はモテる?モテない?

関連記事:ブサイク金持ち・イケメン貧乏の論争は無意味!イケメンが勝つ!

 

 

仕事における容姿格差について

容姿格差と言えば、恋愛を思いつくかも知れません。

しかし、仕事においても確実に容姿格差は存在していて、美男美女に比べるとブス・ブサイクは不利な立場にあります。

面接における容姿格差

高校なり大学なりを卒業すれば、就職する人が大半だと思います。

最近では、インターネットなどを使って、1回も就職せずに起業する人もいるわけです。

しかし、そうした例は稀であり、多くの人が面接を受け就職する事になります。

学生時代はテストの点が評価される対象として大きかった為に、恋愛を抜かせば学生間では、それほど容姿格差は無かったはずです。

しかし、社会に出ると、いきなり面接で容姿格差が出ます。

テレビ局や専門家が実験した結果があり、企業の面接においては、容姿が良い方が圧倒的に有利だという結果が出ています。

中身がどうとかよりも、見た目が面接では最重要項目だという事が分かってきました。

高学歴にも関わらず勉強しかやって来ずに、外見に気を使ってこなかった人は「ガリ勉」とか「勉強しか出来ない男」と見た目で判断されてしまい、面接で落とされる可能性が高い事が分かっています。

よく企業では「うちの会社は学歴は気にしない」という会社もありますが、ブサメンだけに適用されるルールでもあり、採用されない事も多いようです。

社会に出れば、ブサメンはいきなり面接で落とされてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

その事からブサメンの場合は、人気企業への就職は難しい現実もあり、高学歴であっても誰でも入れる会社に行く場合も多いようです。

 

関連記事:面接で外見が最も重視される!人気企業の内定を貰いましょう!

 

 

 

収入における容姿格差

収入における容姿格差がある事も分かっています。

給料が高いとか待遇がよい会社は、人気企業になるわけですが、先ほどの面接でも話をしましたが、外見弱者だと入社するのが難しいわけです。

そうなると、ランクを落とした企業に就職する事になります。

その結果として、ブラック企業に行くようになる事も少なくはないでしょう。

この時点でイケメンとは給料が離れていくわけです。

会社の給料というのは、自分がどれだけ頑張ってやるのかよりも、どこの会社に属しているのか?の方が大事だからです。

同じ仕事をしていても、大企業と大企業の下請けでは給料が全く違ってきます。

さらに、ブサメンの場合は、就職してからも苦難が待っています。

上司や周りの人間に舐められたり嫌がられたりする事も多いですし、仕事もまともに教えてもらえない事も多いわけです。

イケメンであれば丁寧に教えてくれても、ブサメンであれば1回で覚えなければ怒鳴られたり、すぐに責任を押し付けられたりする事も少なくありません。

同じ事をしていても、イケメンとブサメンでは待遇が違います

さらに、イケメンは出世する事が多いですが、ブサメンの場合であれば、仕事をいくら頑張ってやったとしても仕事が増えるだけで、お金に繋がらない事が多いと言えます。

実際に、イケメンとブサメンでは生涯年収で5000万を超える収入格差が出る事が分かっています。

ブサメンというのは、イケメンと比べると、生涯年収で考えれば何もしなくても家を一軒燃やされている事になります。

容姿格差は、生涯年収においては高く現れると言えるでしょう。

 

関連記事:イケメンとブサイクでは生涯年収で5000万の差が付く事実!

関連記事:仕事のミスで見せしめにされるのは外見弱者と気が弱い奴!

 

恋愛における容姿格差

恋愛においては、仕事以上に容姿格差が起きると言われています。

ブサメンは恋愛対象外である

ブサメンですが、女性からは恋愛対象外です。

容姿が普通程度であっても学生時代にスクールカーストの上位にいた場合は、自信があるためか恋愛対象になる事もあります。

しかし、フツメン程度の場合は、学生時代はスクールカーストでモテた人も、社会人になり周りの人が知らない人ばかりになった時には、恋愛弱者になってしまう場合も少なくありません。

現在の日本の場合ですが、30代になっても彼女が出来た事がないとか、そういう人はゴロゴロいるわけです。

あなたの知り合いであっても、女性と付き合った所を見た事が無いという人はいるはずです。

そういう人の場合は、年齢=彼女なしの状態にハマっている事も多々あります。

恋愛においては、仕事以上に容姿格差があり、容赦ないほどに弱肉強食の世界でもあるわけです。

女性と言うのは、自分が求めるイケてるレベルに男性が達していないと、どんなに仲良くなっても恋愛対象にはなりません。

 

関連記事:彼女いない歴=年齢(30代、40代)の男性が彼女を作る方法

 

容姿格差を克服するには

容姿格差を克服する方法ですが、やるべき事とやってはいけない事を意識する事が大事です。

やってはいけない事

容姿格差社会においては、やってはいけない事が存在します。

恋愛に関して言えば、ブサイクでもモテる方法を探したりする事です。

ネット上では、ブサイクでもモテる方法などは、恋愛商材などで数多く売られているわけですが、所詮は机上の空論に過ぎず役には立ちません。

多くの恋愛ノウハウなどは、ある程度モテる人の為に開発されている所もあり、役には立たないでしょう。

さらに、男性向けモテ本などの欠点として、美容を重視して外見レベルを上げろなどは書かれていないからです。

仕事に関しても、仕事で上手く行かない理由を心の問題と考えて、自己啓発書を読んだとしても、多くの場合は上手く行きません。

自分も数多くの自己啓発書や自己啓発セミナーに参加してきましたが、その時だけはテンションが上がったとしても、直ぐに下がってしまい役立たなかったわけです。

容姿格差社会にも関わらず、容姿と関係ない所でフォローしようとしても効果は限定的であり、効能は薄いと言えるでしょう。

 

やるべき事

容姿格差社会においてやるべき事ですが、美容を重視して外見レベルを上げる事が大事です。

見た目を最も重視されるわけですから、外見を整えなければ話になりません。

このサイトではしつこい程に述べていますが、外見を整えると言えば、男性の場合は服装と髪型くらいしか重視しない人もいるわけです。

少しマシな人は、眉毛も整えますが、それだけでは不十分だと言えます。

服装、髪型、眉毛でイケメンになれればいいですが、多くの場合はイケメンになれずに失敗に終わります。

さらに、周りの人からは「似合わね~」とか言われてしまい、嘲笑の的になる事もあるわけです。

具体的に何をすればいいかですが、まずは肌を鍛える必要があります。

人間は顔を最も重視する生き物であり、肌が良い事は恋愛では重要ですし、仕事でも評価される項目となります。

多くの男性が青髭が残っていますが、髭脱毛を行い撲滅させます。

さらに、化粧水、美肌クリームなどを使って行き、肌質を徹底的に上げる事が大事です。

恋愛の場合は、髪の毛が薄ければウィッグを被るなども必要ですし、身長が低ければインソールを何枚も入れたり、シークレットシューズを履く必要があります。

見た目を徹底的に上げて行く事で、評価も変わって来るはずです。

40代で未婚の方で、これから恋愛活動をするような人であれば、若返りは必須だと言えるでしょう。

おっさんに見えたり老け顔では、女性から汚いと判断されて相手にされません。

現代は見た目が9割とか10割と言われていますし、メラビアンの法則では外見で93%が決まるとも言われているわけです。

仕事や恋愛で上手く行っていない人の原因は、大半が見た目であり、見た目をよくすれば人生は向上します。

容姿格差社会にも関わらず、外見を重視しないのは、防弾チョッキを着ずに戦場に行くようなものだと考えた方が良いでしょう。

仕事も恋愛も成功したかったら、男性であっても見た目を磨かなければならないと言う事です。

 

カテゴリ:外見が悪いと人生が上手く行かない

 

 

商品評価の一覧はこちらから

商品&サービスの評価・・S(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

    

 

-仕事, 外見が悪いと人生が上手く行かない, 恋愛

Copyright© 顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.