顔面格差社会においては男性であっても美容を重視するべきです。

顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】

外見が悪いと人生が上手く行かない 恋愛

ただしイケメンに限るは真理!事実や現実に当てはまる!

スポンサーリンク

「ただしイケメンに限る」の言葉は、ネット上でよく見かける言葉です。

女性が「彼氏欲しいな~」というコメントがあったとしたら「ただしイケメンに限る」などのレスがつく場合もあります。

しかし、この言葉はよく考えてみると、色々な面で当てはまると思いました。

特に恋愛関係では、「ただしイケメンに限る」は多く当てはまると感じています。

これを見ると男性の中には、「顔さえよければいいのか!?」と憤慨する人もいるかも知れませんが、女性の「ただしイケメンに限る」はあくまで性格が普通レベルの事を指しているはずです。

外見にばかり気を使い、周りの人に全く気を使えないのは困りますが、イケメンで普通程度に気を使えるのであれば、女性に対しては喜ばれる事は間違いありません。

今回は、「ただしイケメンに限る」は女性や仕事・恋愛を考えた上で真理だと思いましたし、現実だと感じたので紹介します。

 

関連記事:チビ・デブ・ハゲの三重苦は婚活・結婚・恋愛は諦めるべきなのか?

 

 

 

【ただしイケメンに限る】で女性を非難してはいけない

「ただしイケメンに限る」は、男性が自虐の意味で女性に対してツッコミを入れる時に使われる事が多いです。

女性が汗の匂いが好きと言ったとします。

確かに、その時に隠れた言葉として「ただしイケメンに限る」という言葉が入っているはずです。

ブサイクの汗の匂いは嫌いだけど、イケメンの汗の匂いは男らしくいいというニュアンスを含んでいます。

男性の場合でも、美人の汗の匂いは好きだけど、ブスの汗の匂いは嫌いという人はかなり多いのではないでしょうか?

それを考えれば「ただしイケメンに限る」で、女性を非難してはいけないと自分は感じました。

男性は美人が好きですし、女性もイケメンが好きなわけですから、どちらも変わりがなく非難される理由はないでしょう。

これに対して、差別だとかいう方もいるかと思います。

しかし、差別ではなくこれは真理だと思いますし、人間は平等と言いますが、平等と言うのは、平等ではないからこそ「平等」が求められているわけです。

因みに、私は人間は平等ではありませんが、対等ではあるかと考えています。

 

関連記事:人間不信は恋愛で起きるが、イケメンとブサイクでは質が違う

関連記事:ダメ人間は二つのタイプがある!イケメンのクズとブサイクのダメな奴

 

 

 

イケメンとブサイクの差一覧

ただしイケメンに限るですが、人生の様々な出来事においてイケメン優遇があると感じました。

世間一般でイケメンとブサイクでどの様な差があるのか一覧にして見ました

ネット上から情報を集めてきてインパクトがある物をピックアップしてみました。

イケメンブサイク
勉強が出来る知的なインテリガリ勉
高収入立派な人金の亡者
フリーター夢に向かっている人落ちこぼれ
親の介護をしている孝行息子人生終わった人
汗の匂いがする男らしい臭い
アニメ好き可愛いキモオタ
上から目線カッコいい痺れる何様のつもり(怒)
無口クールな人根暗
人が嫌がる仕事をやる立派な人・尊敬できる当たり前
優しい結婚したいどうでもいい人
転校生皆から注目される誰にも相手にされない
身長が高いカッコいいでくの坊
話が面白い人気者笑いもの
ボディタッチもっと触って欲しいセクハラ
反論する負けず嫌い頑固・融通が利かない
見つめてみる目の保養になる目が腐る

これを見ると、何をしてもイケメンは優遇されて、ブサメンは落ちこぼれるのが分かるかと思います。

現実の世界で考えると、かなり当てはまるのではないかと個人的には考えています。

もちろん、全ての女性がこの様に思うとは言いませんが、当てはまる例も多いと感じました。

因みに、男性であってもブサメンとみれば、上記のように感じる人も多いようです。

これを考えると、イケメンは如何に社会で優遇されているかが分かったのではないでしょうか?

長年彼女が出来ない人もいるかと思いますが、「年齢=彼女なし」の人はブサメンに多いのではないかと感じています。

しかし、私も含めたブサメンはここから這い上がらなければならないわけです。

 

ただしイケメンに限るは嘘なのか?

ただしイケメンに限るについて、色々とリサーチしていると、顔がどうこうよりも表情の方が大事だと言う人もいました。

「ただしイケメンに限る」は嘘だと主張する人もいるわけです。

しかし、対象を比べてみると全く笑わないイケメンとよく笑うブサイクを比べてみたり、全く笑わない美女とよく笑うブスを比較するなど、明らかに比べ方がおかしいと感じています。

その結果として、外見弱者でもよく笑う人が勝つとか、外面よりも内から出るモノが大事などの結論に至っている場合が大半だったわけです。

しかし、普通に笑うイケメンとよく笑うブサイクの場合であれば、イケメンの方が圧倒的に好かれるのではないでしょうか?

お伽噺の世界ではいるかも知れませんが、リアルで全く笑わないイケメンはいるのかという問題もあります。

普通に考えて笑わないイケメンはいないと思いますし、イケメンの中には外見を特に気にしていて、鏡や本を見て勉強をしたりして「素敵な笑い方」の研究までしている人がいます。

イケメンの方が表情なども研究して、カッコよく笑えるように作り込まれている事が多いです。

さらに、イケメンの方が小さい頃から、チヤホヤされて育ったために、虐められやすかったり酷評されやすいブサメンに比べると、よく笑う事が多いと言えます。

表情も確かに大事な要素ではありますが、外見がどの様に見えるのかが非常に大事だという事です。

 

関連記事:自己嫌悪は消えない!中庸を意識して見た目を良くするがベスト!

 

ただしイケメンに限るは真理でもあるし現実でもある

「ただしイケメンに限る」は、差別に聞こえるかも知れません。

しかし、これは周りを見渡してみると、真理でもありますし現実でもあります。

以前にテレビ番組で、面接でどの様な人を採用するのかを実験した番組がありました。

すると、男女共に外見が整った美男美女ばかりを採用に決めたわけです。

就職でも外見がよい方が、人気企業に就職できる確率も高いですし、生涯賃金においてはイケメンとブサメンにおいては5000万円を超える収入格差が生まれるデータが出ています。

テレビなどでは、ブサメンでも何とかなる様なテクニックを教えてくれるわけですが、それをそもそもイケメンがやったら全く太刀打ちが出来ない事になるわけです。

尚、ここでは仕事の事を言いましたが、恋愛においてはイケメンとブサイクではさらに差が付く事になります。

あなたの周りでも、イケメンの方が彼女がいる確率が高く、女性に好かれる可能性も高いと言えるでしょう。

これを考えるとイケメンとブサイクではどうしようもない程の差があるとか、そういう風に思うかも知れません。

人によっては、人生に絶望してしまう人がいても不思議ではありません。

しかし、ここで絶望してしまう人は視野が狭いとか、頭が固いと言えます。

現在は美容の技術が進んだ事で、骨を切ったりシリコンを入れたりする整形をしなくても、化粧水や美容クリーム、髭脱毛などの美容を重視することで、イケメンや雰囲気イケメンになる事が出来る時代になったわけです。

外見はお金で買える時代になってきました。

世の中には、人間は顔じゃないとか、外面よりも中身が大事などの綺麗ごとが溢れていますが、それらの例に当てはまるので、天才的な能力を生まれながらにして持っている人だけです。

日本でデータを取ってみても、美男美女が圧倒的に収入も恋愛も全てを制しています。

これを考えると、仕事や恋愛に挑むにあたって徹底的に外見レベルを高めた上でぶつかるべきでしょう。

「ただしイケメンに限る」の言葉通りに考えれば、イケメンが如何に優遇されてもてはやされているかが分かるかと思います。

周りを見てもイケメンが優遇されている事が分かるはずです。

再三にわたって、このブログでは言っていますが、外見レベルを上げた上で、仕事も恋愛もチャレンジするべきです。

外見を伴わない、チャレンジは失敗しに行くようなものだと自分は考えています。

 

関連記事:面接で外見が最も重視される!人気企業の内定を貰いましょう!

関連記事:キモいと言われる男性の原因と特徴と対処法について

関連記事:恋愛弱者のブサイクがモテる男になった方法

関連記事:外見は金で買える時代になった!

 

恋愛:恋愛に関する記事一覧はこちらから

カテゴリ:外見が悪いと人生が上手くいかないに関する記事一覧はこちらから

 

 

商品評価の一覧はこちらから

商品&サービスの評価・・S(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

    

 

-外見が悪いと人生が上手く行かない, 恋愛

Copyright© 顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】 , 2019 All Rights Reserved.