顔面格差社会においては男性であっても美容を重視するべきです。

顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】

成功法則 見た目向上

押し出しの法則は効果があるし重要な事「斎藤一人さんの成功法則」

投稿日:

押し出しの法則を知っていますでしょうか?

実際に、押し出しの法則を知っている人の大半は、斎藤一人さんから教えてもらったのではないかと思っています。

斎藤一人さんは「銀座まるかん」の創業者でもあり、納税額で日本一になったとされている人です。

ジェット気流の法則など、様々な人生に関する事を教えてくれる人でもあります。

お弟子さんも含めれば、かなりの本を出版しているわけです。

私もかなり読みましたが、その中でも特に大事だなと感じたのが「押し出しの法則」です。

「斎藤一人 誰でも成功できる押し出しの法則」という本もありますが、こちらは斎藤一人さんのお弟子さんである「みっちゃん先生」の書籍となっています。

帯には「成功している人が必ずやっている秘密の法則」と書いてあります。

 

関連記事:【人は見かけによらない】は99%嘘!人間は見た目通りの扱いをされる

 

押し出しの法則とは

押し出しの法則ですが、名前から想像してしまうと「他人を押し出して自分がのし上がっていく」イメージに感じるかも知れません。

しかし、斎藤一人さんが提唱する「押し出しの法則」は、自分を凄く見せるために外見を整えろと言っているわけです。

斎藤一人さんの書籍の中には、織田信長の話しなども出てきていますが、戦国武将が甲冑の兜に派手な飾り物を付けるのは、押し出すためだと言っておられました。

上杉家の武将である直江兼続であれば「愛」の文字を兜に着けていますし、伊達政宗は「三日月」のマークを兜に着けています。

さらに、お殿様が村を歩くときに、共の者を何人も連れているのは「押し出す」ためだと言っていました。

共を何人も連れている事で、凄い人だと思わせて威厳を保ったそうです。

昔の戦国大名や殿さまは「押し出す」というのが、非常によく出来ていたと言います。

尚、徳川家康の家臣である戦国最大の猛将とも呼ばれている本多忠勝は「恰好から入る事が大事」とも言っています。

他にも、お釈迦様の後ろには「光のような模様(御威光)」が入っているわけですが、あれも押し出しの一つの効果なのだそうです。

斎藤一人さんの言うには、押し出しがしっかりと出来ていないと、押し出されてしまい結局は成功も何も出来ないと言います。

まずは、「見た目から鍛えろ!」というのが、斎藤一人さんの成功法則となっています。

実際に、私もこれが凄く重要だと思っていて、「押し出しの法則」が出来ていないと、どんな成功法則も役に立たないと思っているほどです。

 

押し出しがしっかりと出来ていて優しい人が魅力的な人

斎藤一人さんは、魅力的な人の定義として「押し出しがしっかりと出来ていて優しい人」だと言います。

世間には、押し出しがしっかりと出来ていて優しい人は、極めて少ないそうです。

押し出しが出来ている人は、天狗になって威張ってしまう人が多いですし、優しい人は優しいだけで押し出しが出来ていない場合が多いそうです。

確かに、この話は当たっていると私は思っています。

やはり、我々が目指すところは「押し出しがしっかりと出来ていて優しい人」でしょう。

尚、押し出しが全く出来ていないと、学校や会社などでいじめにあってしまう場合も少なくありません。

斉藤一人さんの教えで「威張っちゃいけない舐められちゃいけない」というのがありますが、これも押し出しの法則と関係しているわけです。

 

 

押し出しの強い物どうしは喧嘩にならない

押し出しを強くしてしまうと、喧嘩にならないか心配になってしまう人もいるようです。

実際に、「押し出しの法則」の著者であるみっちゃん先生が、斎藤一人さんに聞いてみた話があります。

それによると、「押し出しの強い者」同士の場合は、相手を認め合う事が出来て喧嘩にはならないそうです。

押し出しの強い相手は、同類だと思い認め合う事が出来ると言っておられました。

「敵ながらあっぱれ!」と思ったりするのが普通のようです。

実際に、自分が押し出しを初めてみると、押し出しを頑張っている人とはかなり気が合う事が分かりました。

相手に負けないように、押し出しをしようとしたり、お洒落について話し合ったりするのは、やってみるとかなり楽しいです。

 

どうやって押し出して行くか?

斎藤一人さんは、書籍の中で押し出す方法として、ルイヴィトンのバッグを持ったり、キラキラしたアクセサリーを付けるのが良いと言っています。

お金がなくて買えない場合は、中古でもよいそうです。

さらに、お金がない場合はレンタルで借りて来てもよいと言っておられました。

他にも、肌の艶をよくする事なども仰っていました。

しかし、ブランド物を借りたりするインパクトが強すぎてしまい、肌の艶をよくするなどがインパクトが薄くなっている印象がありますが、どちらかと言えば肌の艶をよくする事の方が遥かに大事だと私は考えています。

 

ブランド物を着れば押し出しているわけではない

よく勘違いする人がいるのですが、ブランド物を付ければいいと考えている人です。

この間、40代のおっさん臭い人が「プラダのジャケットを着ればモテる」と言っておられました。

しかし、これってありえないと思います。

ブランド物の服を着るだけでは、押し出している事にはならないわけです。

押し出すためには、服やアクセサリーの前に、自分の本体を磨かなければなりません。

つまり、肌の艶がよくないとブランド物は似合いませんし、ブランド物が似合うような体型も作り出す必要があるわけです。

中年太りしたおっさん臭い人が、プラダのジャケットを着てもモテる事はまずないでしょう。

そもそも、それでモテるのであれば、日本から彼女が出来ないとか、結婚が出来ない男性はいないはずです。

男性でおっさん臭さがあるのであれば、それを消す事が先決となります。

ある意味、肌が艶があり、顔のむくみがなくシュッとしていれば、ユニクロであっても十分に押し出しは出来るわけです。

 

実際に、私はこれだけの押し出しをしました。

実際に、私(40代のおっさん)がどれだけの、押し出しをしたか紹介したいと思います。

尚、1年間押し出しをした結果ですが、若返りに成功して外見が20代に見られるようになりました。

使ったのは、化粧水、肌質改善クリーム、美容クリーム、フラクショナルレーザー、脱毛、プラセンタ注射、プラセンタサプリ、ダイエットエクササイズなどです。

質の悪い物を何度も使うようにしたわけではなく、質のよい美容商品を数は少なくても使ったのがよかったのでしょう。

40代の外見弱者が押し出しが出来るというレベルに到達するには、普通の事をやっていても無理です。

そこを考えてお金を投資して使ったのが良かったのではないかと思いました。

尚、外見レベルが上がってくると、初対面で人に舐められる事は無くなってきます。

さらに、40代のおっさんでも女性との関係も上手く行く事が増えていきました。

やっぱり、第一印象で40代に見られてしまうか、20代で見られるかで発展は全然違うわけです。

尚、斎藤一人さんは、お弟子さんの舛岡はなゑさんとの共著で「21世紀は男も女も「見た目」が100%」という本も出されています。

こちらも、外見を磨く事で人生が上手く回る話をしているわけですが、興味があれば読んでみてください。

個人的には、本を読むよりは美容などにお金を使った方がいいかなと感じますがw

しかし、外見を磨くとあなたが思っている以上に、よい事が起こると思った方がよいでしょう。

周りの人も親切に扱ってくれるようになったりするわけです。

 

関連記事:仕事の失敗で許される人と許されない人の違いは外見にあり!

 

カッコ位つけろ!

斎藤一人さんが言っている言葉で印象が深かったのが「カッコ位つけろ!」という言葉です。

世間一般では、「カッコつけている人」の事は「カッコつけてんじゃね~」など批判の対象になる場合も多いです。

しかし、斎藤一人さんの中では「カッコはつけなければダメ」だと言います。

実際に、私もカッコ位付けなければダメだなと感じています。

お洒落な格好をすると「似合わね~」とか言って、元に戻す様に働きかける人も多いです。

実際に私がそうだったのですが、押し出しを強くする事を目指すような集団に入ったら、カッコいい服装にしないと逆に文句を言われてしまいます。

やはり、人間関係においても、押し出す事が当たり前になっている人たちとつるむ事が重要だと思いました。

これを読んだ方は、カッコ位付けていきましょう。

 

関連記事:男は顔じゃないは嘘【信じた時点で負け】

 

成功法則:成功法則の記事一覧はこちらから

 

-成功法則, 見た目向上

Copyright© 顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.