顔面格差社会においては男性であっても美容を重視するべきです。

顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】

恋愛

恋愛格差が蔓延する理由

更新日:

スポンサーリンク

恋愛格差という言葉を知っているでしょうか?

恋愛でモテる男性や女性は、多くの異性に好かれて恋愛には困りません。

その反面で、中年童貞などという言葉もあり、40歳になるのに、女性と一度も経験がない男性もいるわけです。

40代男性で「彼女いない歴=年齢」の人はかなり多いと言えます。

20代男性でも、現在では半数が女性と肉体関係を結んだ事がないというデータもあります。

その反面モテる人は、彼女と別れても、すぐに次の可愛い女の子と付き合う事が出来ますが、モテない男性の場合は、何年経っても彼女が出来ない事も多いと言えます。

尚、日本人の男性における障害未婚率は、25%に及ぶとするデータもあり、4人に1人は生涯で一度も結婚する事が出来ずに終わっています。

さらに、40歳を超えて一度も結婚してない人が結婚出来る可能性は、良いデータで10人に一人、悪いデーターでは1000人に一人とも言われているわけです。

モテないまま年を取った人は、いつまで経ってもモテずに、恋愛も結婚も出来ない事を現わしているのでしょう。

今回は恋愛格差が蔓延している理由を解説します。

 

関連記事:社会人サークルの出会いと恋愛事情【立ち上げから崩壊まで】

関連記事:生理的に無理と思われるから、ブサイクは何をしても恋愛対象外

 

 

 

男性は80点を取れないとモテない?

男性が本当に女性に求められるようになるのは、80点を取れてからだと言われています。

80点を取れるようになると、急激にモテ始めるようになるとする統計があるわけです。

これが圧倒的な恋愛格差を生む事になるのでしょう。

実際に、男性と女性のパートナー(彼氏・彼女)がいるのか?の調査をすると、女性の方がパートナーがいる場合が15%ほど多い事になります。

男女がほぼ半数な事を考えれば、一部のモテる男性が複数の女性を付き合っている事を指すのでしょう。

現実問題として、男性レベルが80点を超えないと、連絡先を交換しても返事が返ってはきませんし、アプローチしても迷惑がられてしまう事実があるわけです。

女性に取ってみれば、興味がない男性にアプローチされるのは、ウザい以外の何ものでもないと言えるでしょう。

 

関連記事:人間不信は恋愛で起きるが、イケメンとブサイクでは質が違う

 

 

 

幸運を願う男性も多い

モテない男性ですが、幸運を願う男性も多いようです。

いつか天使が降ってきてくれるかを願うが如く、何もせずに理想の女性が現れる事を待っている人を指します。

しかし、イケメンであれば待っているだけで女性はやってきますが、ブサメンであればいくら待っていても女性は来ません。

もちろん、仕事が殺人的に忙しいなどで、行動が出来ていない人もいますが、恋愛に対して待っているだけで自分から、行動を起こさない人もいるわけです。

モテない男性が自分から全く行動を起こせないと、彼女が出来る可能性はほぼゼロとなります。

80点を取れない男性であっても、行動だけは積極的に起こした場合は、彼女を作れる事もあるわけです。

80点を取れないと可愛い女性と付き合うのは、非常に難しいですが、女性の方も妥協などをしてくれて、付き合える事もあります。

しかし、モテない男性の場合は、行動を起こさずに、天使が舞い降りて来てくれるのを待ってしまう人も多いようです。

何もしていないのに、「恋愛諦め男子」になっている人もいるとされています。

尚、行動が起こせない男性の心理としては、モテる方法が分からないし、女性とどうやって接すればいいのか分からなくて、行動が起こせない事も多いとされています。

イケメンであれば行動をしなくても、女性からのアプローチもあるので恋愛経験を積むことが出来ますが、ブサイクで行動を起こせないのは、彼女が出来る可能性はほぼゼロだと言えるでしょう。

男性が女性と恋愛するにあたって、正しいやり方を知らずに、何も行動が出来ないと言うのは、恋愛格差を広げる一因となっています。

 

恋愛の間違ったノウハウの蔓延

恋愛格差を生む原因ですが、間違った恋愛ノウハウの蔓延と言うのもあるでしょう。

女性がよく言われている「優しい人が好き」「誠実な人が好き」「真面目な人が好き」などの言葉を真に受けてしまっている場合です。

他にも、レディーファーストが大事や面白い人が好きなど、様々な事が言われています。

しかし、多くの女性がイケメンが好きなわけですが、「私は顔をもっとも重視しています」と言ってしまうと、多くの男性に反感を買ってしまいますし、薄情な女だと思われてしまいます。

そのため、男性の内面を評価するような事を女性はいう場合が多いわけです。

しかし、実際問題として、女性が望むイケてる雰囲気がないと付き合う事が出来ない為、いつになっても彼女が出来ない事になります。

この女性の本音と建前からズレているノウハウを真に受けてしまう事で、恋愛格差はさらに広がると言えるでしょう。

モテる男性とモテない男性で重視する部分に相違があるため、恋愛格差は大きくなっていくわけです。

 

関連記事:優しい人が好きは50%嘘【いい人なんだけどさ~で終わる男が続出】

関連記事:レディーファーストはいらない!ウザいだけ!勘違いする奴が多い

関連記事:デート場所やディナーに金を使うな!自分の容姿に金を仕え!

 

折れない心のみを頼りにする男性

彼女を作るために、恋愛活動を多くしている男性もいます。

実際に、私の知り合いなのですが、結婚相談所に登録して、毎週のように女性とデートを重ねてきた男性がいました。

結婚相談所は、どんどん女性を紹介してくれるらしく、一日に二人の女性とダブルヘッダーのデートをする事があるとも言っていたわけです。

しかし、恋愛の方はさっぱりで、2年が経過しても彼女が出来ないし、結婚なんてほど遠い生活だったと言っていました。

結婚相談所の人にも、40代初婚で結婚出来る可能性は、1000人に一人とか、そういう話も聞かされていたらしいです。

彼の場合は、恋愛において外見を整える事もしませんでしたし、ありのままで女性と会っていました。

折れない心だけを頼りに、女性との出会いを繰り返していたわけです。

3年目位になり、初めて関係が続いたと言っていたわけですが、お相手の女性は年上で既に、年齢が50歳を超えていたと言っていました。

50歳の女性も初婚で、恋愛経験もほとんどないそうです。

写真などを見ると、とても美人とは言えませんし、折れない心だけを頼りに恋愛をしてしまうと、これほどまでに苦労するのか?というのを身をもって知りました。

もちろん、女性を口説く上で精神力とか、根性論は大事な事もありますし、諦めない鉄の心を持つ事も大事な事だと感じています。

しかし、それだけを頼りにしてしまうと、さらなる恋愛格差を生みますし、一向にモテるようにならない現実もあるようです。

恋愛格差を生む原因ですが、男性が「ありのままの自分」で勝負しようとする事も原因と考えています。

女性が見た目を重視する人が多いわけですから、それを意識して外見力を高める必要があると感じました。

女性のニーズに合わせて、正しい努力をしないと、恋愛弱者は生まれ持ったイケメンとの恋愛格差は次々に開いて行ってしまう事でしょう。

尚、恋愛の世界では、モテ度が1%上がっただけでも、かなり楽になります。

50人とデートして1人口説けるのか、100人とデートして1人口説けるのか?では、恋愛の苦労の度合いは全く違うわけです。

尚、10%上がれば10人に一人は口説けるので、かなり楽になりますし、土日を恋愛活動に費やせば1カ月程度で、女性をゲット出来る計算となります。

根性論も時には、大事ですが、外見レベルを上げない事には、いつになっても苦労するばかりで、恋愛が楽になりません。

同じ失敗を何度も繰り返すのは、よくないでしょう。

 

関連記事:40代男性の恋愛活動は普通にやっていたら恋愛対象外

 

恋愛格差=外見格差である

恋愛格差を考えると外見格差である事がわかります。

あなたの周りでも、モテているのは、外見がよいイケメンが大半ではないでしょうか?

実際に、いつになっても彼女が出来ない人は、外見レベルが普通以下の事が大半だと感じています。

しかし、彼女が出来ない人で、コミュ障などの問題を抱えている人はごく一部です。

大半の人は、女性とちゃんと普通に喋る事も出来ますし、楽しく会話する事も可能と言えます。

しかし、イケてる雰囲気がない為に、なかなか彼女が出来ないと言えるでしょう。

尚、女性と連絡先を交換したとしても、イケメンだとちゃんと帰ってきても、ブサメンだと中々返ってきません。

人によっては、70連続で死番(連絡先を交換したが繋がらないこと)などの場合もあります。

相席屋で連絡先を交換しても、街コンで交換しても、結局は死番したと言っていました。

それに引き換え超イケメンの場合であれば、死番するのは10人に一人という話も聞いています。

これが恋愛の実情であり、ありえない程の恋愛格差を引き起こしている現実です。

外見でOKを貰わないと、恋愛はスタートラインにも立てない事になります。

立ったとしても、100メートル走で3キロ後ろからスタートする状態でもあり、まず彼女はゲットする事が出来ないでしょう。

しつこいほどお話ししていますが、男性が外見を整えるとか、向上させるというと髪型、服装、眉毛しか気を使わない場合もあります。

しかし、それ位ではイケてる雰囲気は身に付きませんし、恋愛対象にはならない場合も多いです。

髭を伸ばすつもりがなかったり、伸ばしても似合わないのであれば、脱毛するとか、肌を綺麗にするために化粧水、美容クリームを使うなど、1%でもいいと思って外見向上を目指す事が重要となります。

これに気を付かずに、恋愛の場に行ったとしても、イケメンとの格の違いを思い知らされるだけですし、多くの方が心が折れる事になるでしょう。

恋愛格差を克服するには、外見格差をうめる努力から始めるべきです。

尚、イケメンの人ほど外見の重要さが分かっていて、外見を磨く傾向にあります。

それがさらなる恋愛格差を生むといってよいでしょう。

よっぽどのイケメンを除いて、ありのままの自分で勝負しても勝ち目はありません。

女性が男性のどこをみているか?ですが、余程の才能を持っている場合は例外と考えとして、外見が一番重視されるわけです。

中身よりもまずは、外面を磨いていくことが大事となります。

 

関連記事:彼女が欲しいなら外見を磨く【これ必須!】

関連記事:男は顔じゃないは嘘【信じた時点で負け】

 

 

商品評価の一覧はこちらから

商品&サービスの評価・・S(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

    

 

-恋愛

Copyright© 顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.