顔面格差社会においては男性であっても美容を重視するべきです。

顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】

外見が悪いと人生が上手く行かない

日本は男尊女卑ではない!外見至上主義の国である!

スポンサーリンク

日本と言えば、男尊女卑の国と解釈している人が多いです。

もちろん、他の先進国に比べると、女性役員が少ないとか、女性の政治家が少ない、女性起業家が少ないと男尊女卑と捕らえられている事もあります。

しかし、今の日本を見てみると、どう考えても男尊女卑の前に、イケメンが尊ばれてブサイクが卑しめられる国だなと感じています。

こういう言葉があるのかは、分かりませんが、美尊醜卑の国とも言えるでしょう。

今回は、なぜ私が多くの人が言う様に男尊女卑の国ではなく、イケメンが尊ばれて、ブサイクが卑しめられる国だと思うのかを解説します。

日本は外見至上主義の国だとも言えるでしょう。

 

関連記事:容姿差別は日本では当たり前!辛いけど受け入れる必要がある

 

 

 

男尊女卑とは

分かっている人もいるかと思いますが、男尊女卑とは、何なのかを解説します。

男尊女卑と言うのは、名前の通り男が尊ばれて、女性が卑しまれるという社会の事を指します。

昭和の頃は、男性が外に出て働き、女性は家の中で専業主婦となり家事をしたり、子育てをするのケースが非常に多かったわけです。

女性は結婚したら、会社を辞めて家に入るなどが普通でした。

家族は「お父さんが頑張って働いてくれるから生活が出来る」と言う雰囲気もあり、お父さんは威張っていたわけです。

怒りやすい雷オヤジとか、頑固おやじなど悪い意味でも亭主関白な人もいたようですが、家庭では最高権力者がお父さんの場合が多かったと言えます。

そういう事もあり、家庭では男尊女卑が当たり前の家が多かったですし、家族からは父親は恐れられる存在でもあったわけです。

しかし、女性の社会進出と共に、男尊女卑の雰囲気は消えていき、男女平等が叫ばれてきました。

さらに、時代が進むと女性の方が男性よりも強くなったりする場合も多くなってきます。

尚、現在では女性の社会進出が言われていますが、女性の中には「結婚したら働きたくない」という、専業主婦希望の女性が多いのも事実だと言えます。

専業主婦を希望する女性に対して、「外に出て働け!」というのはどうなのか?という事も議論されています。

さらに言えば、専業主婦になりたいが、旦那の給料が低すぎてしまい生計が成り立たない為、女性が働くケースも増えているわけです。

これが現在の男性と女性の状態となっています。

現在では、昔に比べると男尊女卑という考えは少なくなってきています。

ただし、まだまだ会社では出世出来るのは男性の方が多いですし、完全に男女平等というわけには行きません。

尚、最近では草食系男子や肉食系女子の言葉がありますし、レディーファーストなどの言葉もあり、最近では女尊男卑になっていると言う人もいます。

さらに、女性の中には「女性の方が得だ」と考える人もかなり多くいます。

 

 

 

日本が男尊女卑だと言うのは間違っている

日本が男尊女卑だと言うのは、違っていると個人的には思っています。

確かに、男尊女卑が当たり前だと考えている人もいますし、もちろん、男尊女卑の家庭もあるはずです。

しかし、それ以上に感じるのが美男美女が尊ばれて、ブサイクやブスが卑しまれる社会だと感じました。

実際に、アメリカではイケメンとブサイクの差と優位は65%だとされていますが、日本は95%にも昇るとされているわけです。

95%も外見で差を付けられてしまえば、多くの場合でイケメンには太刀打ちできませんし、イケメンがお金も美女の手にする世の中になっています。

つまり、男尊女卑ではなく、外見至上主義の国なわけです。

因みに、当サイトでは何度か紹介しましたが、イケメンとブサイクでも生涯年収の差は5000万を超える事が分かっています。

 

関連記事:イケメンとブサイクでは生涯年収で5000万の差が付く事実!

 

美人であればかなり得をする世の中である

男尊女卑と言いますが、今の時代であれば美人であれば、ブサイクな男性よりも遥かに尊ばれている世の中になっています。

実際にブサイクな男性と、美人の女性の平均年収を比べてみると、美女の方が高いと言うデータが出ているわけです。

ブサイクな男性とブスな女性は平等であり、給料はほとんど変わりがないともされています。

さらに、美女の場合であれば多くの男性に奢ってもらう事も出来ます。

他にも、男性に誘われて野球を見に行ったり、サッカーの日本代表の試合、人気の映画、旅行、趣味など様々な経験をさせてもらう事が出来るわけです。

恋愛においても美女であれば、男性は選びたい放題ですし、どこに行っても一人の美女が男性の視線をかっさらう事も少なくありません。

さらに職場であっても、優しく丁寧に仕事を教えてもらう事も出来ますし、男性からは大事に扱われるのが普通です。

ブサイクな男性が職場では怒鳴られて、さらに給料が上がらなかったりするのに比べれば、美女の方が遥かに優遇されていると言えるでしょう。

因みに、ブサイクは-13%のハンディを背負わされていると言いますが、美女は男性の経済力に助けてもらえる事を考えるとメリットが+13%ほどあるともされています。

つまり、ブサイクな男性と美女を比べると、格差的には26%ものハンディがあり、ブサイクはイケメンどころか美女に勝つのも難しい状態なわけです。

この現実を目にしても、日本が男尊女卑の世の中だと言えるのでしょうか?

むしろ、男尊女卑ではなく、外見至上主義の極みとも取れるのが、日本と言う国なわけです。

尚、多くの男性に美女が好きか?と質問をすれば、「好き」と答えると思います。

そのため、美女の需要は高く多くの人に大事にされている現実があるわけです。

男性でも女性でも一度は「美人に生まれた人って幸せだよな~」と羨んだ事があるのではないでしょうか?

実際に、人間の評価は外見で決まる事が多く、美男美女に生まれた人は、ブサイクに比べるとボーナスポイントが圧倒的に多いと言えるでしょう。

 

最終的には男尊女卑になるのか!?

日本ですが、最終的には男尊女卑になるケースも多いです。

ここまで言っておいてお前は何を言い出すんだ!と思う人もいるかも知れません。

しかし、外見というのは、年齢と共に衰えていくわけです。

女性を見ると「この人、昔は美人だったんだろうな~」とか「年をとってもまだ可愛さが残っている」という場合があるかと思います。

他にも「10年前に会いたかった」と思える女性は、男性であれば会った事が一度や二度ではないはずだと思いました。

美魔女系なんていう言葉も流行りましたが、男性も女性も年齢と共に外見は衰えていきます。

女性の場合は外見のピークが20代前半に来てしまう為、そこまでは男性に奢って貰えたり、チヤホヤされたりしますが、年を取ると段々と無くなってくるわけです。

この時に、美女は良い男性と出会って結婚したりすれば、専業主婦が出来たり子育てに集中で来たりと理想の生活が待っていたりします。

ただし、美女が結婚する男性は、イケメンが多かったり、自分と釣り合う男性を選ぶのが普通です。

そうなると男性の方は、それなりの実力がありますし、女性にもモテますし美女を引っ張っていく力もあるはずです。

男性は30代になってもモテる人はモテる事が出来ますし、女性に比べると恋愛で活動できる期間が長いと言えます。

そうなると、女性はこの男性に捨てられてしまえば終わりと言う状態にもなってしまう為、男尊女卑になる場合も多いわけです。

日本は外見至上主義の国なので、必然的にそうなってしまうのでしょう。

しかし、美人に生まれた人は自分の外見がいい事に気が付いていて「外見がよく生まれたお陰で、様々な経験が出来てよかった」と思っている人も多いようです。

 

外見至上主義の世の中はどう生きればいいのか?

日本は男尊女卑ではなく、外見至上主義の世の中になっているわけですが、ブサイクの人は「生きにくい」と感じる事も多いのではないでしょうか?

職場ではイケメンの男性が女性にチヤホヤされていて、女性の目が輝いているのに、あなたに寄って来る女性は一人もいない事も少なくはないでしょう。

あなたが何もせずに女性からアプローチされたりしないのであれば、モテない部類の男性となります。

因みに、私もモテない部類の男性になるはずです。

しかし、外見をよくして自分から行動する事で、女性をゲットする事が出来ます。

外見が良くないと中身を見てもらえない世の中なわけですから、内面を磨こうとするよりも外見を良くする事の方が遥かに大事なわけです。

今の世の中であれば、男性であっても仕事の面接では顔採用は当たり前の世の中ですし、見た目を徹底的によくする必要があります。

しかし、多くの男性が髪型と服装を弄っても、外見至上主義の世の中で勝ち組に入るのは難しいと言えます。

どうすればいいかですが、青髭が少しでもあれば髭脱毛をします。

青髭は完全に撲滅するようにしてください。

さらに、化粧水や美容クリームを使う事も大事ですし、肌のレベルを徹底的に上げていきます。

肌のレベルが上がり綺麗になれば雰囲気イケメンになってくるので、髪型を今風に整えたりすればよいでしょう。

尚、男性が女性にモテる為には、ハゲていたらウィッグを被ったり、身長が低ければシークレットシューズを履く、靴底のインソールを増やすなどの工夫も大事です。

さらに、太っていればダイエットをするなど、徹底的に外見を磨き上げる事が外見至上主義の世の中で勝ち残る術だと考えた方がよいでしょう。

この時に、上手く行かないのが心の問題だとか、気が弱いからだとか考えてしまうと、上手く行きません。

相手には見下されてしまいますし、自己啓発本を読んでも役には立ちません。

とにかく外見をよくしない限りは、今の世の中では仕事も恋愛もスタートラインに立つ事が出来ないと考えるべきでしょう。

 

関連記事:世の中不公平が当たり前!【顔・金・恋愛すべてが不平等】

関連記事:内面磨きを重視する事は93%を捨てる事になり必ず失敗する

関連記事:面接で外見が最も重視される!人気企業の内定を貰いましょう!

 

カテゴリ:外見が悪いと人生が上手くいかない

 

 

商品評価の一覧はこちらから

商品&サービスの評価・・S(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

    

 

-外見が悪いと人生が上手く行かない

Copyright© 顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】 , 2019 All Rights Reserved.