顔面格差社会においては男性であっても美容を重視するべきです。

顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】

少子化対策 恋愛

若者の恋愛離れの原因は、大きすぎる外見格差だった・・。

更新日:

スポンサーリンク

若者の恋愛離れがニュースになっています。

若者の年齢は、20代、30代を若者と定義としている場合が多いです。

若者の恋愛離れの原因は、デフレで若者の給料が上がらないから、恋愛が出来ないとか、収入面の問題を上げている場合が大半だと言えます。

実際に、統計を取ってみると分かるのですが、給料が多い人の方が恋人がいる確率が高まります。

民間のデータ会社などでも、その結果がはっきりと分かっています。

後に解説しますが、給料が高い人って、外見がよい場合が多いわけです。

そこも考えないと、給料が安いだけで恋人が出来ないと勘違いしてしまう人も多い事でしょう。

ただし、恋愛離れと言っても、結婚したい人の割合は8割を超えたりする場合もあり、いずれは結婚したいと思っている人もかなり多いです。

しかし、自分の考えなのですが、若者の恋愛離れの原因は、現在の日本における恋愛格差の実情を、現わしているようにしか思えません。

実際に、恋愛活動をして恋人を見つけようとすると、多くの人が異性に相手にされない問題が出て来ます。

この辺りが、恋愛離れを引き起こしているように思うわけです。

尚、恋愛離れとは言いますが、ほぼ100%の男性に性欲はちゃんとある事実もあります。

 

 

若者の恋愛離れが少子化を引き起こすのか?

若者の恋愛離れが、少子化を引き起こす、という言葉はよく聞く言葉です。

これは実際に当たっています。

若者が恋愛離れをすれば、結婚する人は少なくなり、もちろん、子供も生まれませんから、少子化が進むのは当たりまえです。

専門家や有名人などが、若者の恋愛離れについて意見するのですが、多くの場合で若者の賃金の低下を挙げます。

昔の日本は、年功序列や終身雇用が一般的でした。

毎年のように、昇給がありボーナスも貰えていたわけです。

しかし、現在の世の中は、そうはいきません。

中小企業などでは、30歳になっても基本給が20万に届かないとか、ボーナスもないとか普通にあります。

それらの状態で恋愛をしようと思っても、「そもそも無理だ」という考えです。

しかし、自分はボーナスも昇給もない中小企業で働いた事もありますが、それでも彼女がいる奴はいました。

彼女が出来ない人は、別の会社に転職しても、いつになっても彼女なしの状態が続いていたわけです。

それを考えれば、給料以外に彼女が出来ない問題があると思いませんか?

尚、人によっては、給料が高いほど、彼女がいる事が分かっている、データが出ていると言うかも知れません。

お金が原因で、恋人が出来ないと言っているわけです。

給料が高いという事は、例外を抜かせば中小企業ではなく、大企業で働いている場合が多いです。

中小企業は働いても働いてもお金に還元されない事はよくありますが、大企業であれば労働組合もしっかりとしていますし、昇給、ボーナスなどは安定して貰える事でしょう。

しかし、企業がどういう社員を面接で合格させるかの現実を考えての言葉なのでしょうか?

企業が面接で採用する基準ですが、外見を最も重視する事が分かってきています。

そのため、イケメンの方が大企業に採用される確率が高い事になります。

イケメンとブサメンでも生涯年収の差は、日本では5000万を超えるとも言われています。

恋愛では、ブサメンよりもイケメンの方が圧倒的に有利となるはずです。

つまり、イケメンは高い給料を貰い、恋愛も上手く行くと言う図式が成り立っています。

これを言ってしまうと、ガッカリしてしまう人が多いかと思いますが、現実から目を逸らすわけにも、いかないので紹介しました。

しかし、給料が安い人、全員に彼女がいないわけでもありませんし、給料が安くても彼女がいる人は沢山いるわけです。

逆を言えば、給料が高いのに彼女がいない人もいるわけですが・・・。

 

関連記事:面接で外見が最も重視される!人気企業の内定を貰いましょう!

関連記事:イケメンとブサイクでは生涯年収で5000万の差が付く事実!

関連記事:日本の少子化対策が効果なしの決定的な理由

 

 

 

女性が恋愛対象にするのは上位20%のみ

女性が恋愛対象にする男性は、上位20%のみだとするデータが出ています。

つまり、女性から80点以上を取れないと、恋愛対象として見られる可能性は低くなります。

もちろん、女性により価値観が違うので、何をもって80点とよるかは、若干違ってきます。

ただし、多くの場合で高得点が取れる要素は、見た目だと言う事です。

上位20%に入らなければ、恋愛対象になれないのであれば、多くの男性が女性から見て恋愛対象外になるはずです。

上位20%に入っていないのに、恋愛を頑張ろうとしても、彼女は出来ませんし、女性に恋心を抱いても実る事もありません。

そのため、恋愛が余りにも難しすぎてしまい、恋愛離れが起きてしまったとも言えます。

尚、現在の20代の若者で、恋人がいる男性は21%ほどだとされています。

それに対して、女性は35%になるデータがあります。

男女で恋人がいる割合が、14%ほど違うわけです。

これはモテる男性が複数の女性と付き合っている事を指すはずです。

女性の中で普通とか少し可愛い位の女性は、モテる男性の彼女にはなれないが、肉体関係だけがある場合も多いとされています。

少し可愛い位の女性であっても、普通の男とは付き合おうとせずに、モテる男性と付き合おうとする事も分かってきているのです。

そのため、少し可愛い位の女性の場合も、彼氏が中々出来ない事も多いとされています。

この圧倒的な男女の弱肉強食の世界が、若者だけではなく、日本における全ての恋愛離れを引き起こしていると言えるでしょう。

 

恋愛離れの原因「第一位の面倒だから」は本音ではない

恋愛離れの最大の理由は、男女共に恋人にする対象のレベルが上がっているからです

つまり、昔に比べると、男性も女性も我儘になっていて、異性に求めるレベルが上がってしまいました。

求めるものが上がっていれば、あぶれてしまう男女は沢山いる状態となります。

恋愛離れのニュースなどを見ていると、恋人を作らない一番の原因が「面倒だから」と言う事になっています。

しかし、「面倒だから」と言うのは、最近の恋愛事情を考慮すると本音とズレていると考えられます。

「面倒だから」と言う人に限って、特に趣味もなく、休日は暇でパチンコばかり行く人も多いです。

「面倒だから」と言うのは、アンケートなどで「モテないから」という現実を認めたくない事から、書いている場合も多いのではないでしょうか?

男性であれば、女の子に興味もあるし、「週末はかわいい女の子と遊びたいと思っている」

しかし、そういう女性は相手にしてくれない、そうなった場合に「恋人を作らない理由は?」と聞かれると、「面倒だから」という答えになるのではないかと私は分析しています。

モテないという現実を受け入れる事が出来ない為の言葉が「面倒だから」となるわけです。

実際の所なのですが、80点を取れる男性であれば、女性の方からもアプローチがきますし、恋愛の経験値もどんどん貯まり、恋愛スキルも上昇して、さらにモテるようになっていきます。

しかし、外見弱者などは、20点くらいしか取れない事も多く、その状態であれば、大学入試よりも恋愛の方が難しいという状態になってしまうわけです。

イケメンなどであれば、80点を取るのは容易いので、恋愛は小学校の足し算位のレベルになりますが、恋愛弱者になると、東大入試よりも難しい場合もあります。

これだけ恋愛の難易度が高ければ、行動しても彼女が出来ませんし、そもそも第一印象でアウトになってしまうわけです。

これが若者の恋愛離れの最大の原因だと感じています。

 

上位20%に入る男性になるしかない。

今までの話を聞いて、ウンザリしてしまった人も多いのではないでしょうか?

中には、ガッカリしてしまった人もいるのかも知れません。

しかし、これが現在の恋愛の現実であり、恋愛離れの原因でもあります。

それでも、あなたが結婚をしたいとか、彼女が欲しいとか考えられるのであれば、上位20%に入るしか道はありません。

一昔前であれば、顔が普通程度であっても、服装や髪型がお洒落であれば、問題なかった時期もあります。

しかし、現在の恋愛事情で考えれば、顔面を磨かない事には話にならないと考えた方がよいでしょう。

男性であっても、美容に気を使わなければいけない、時代が到来してしまったと言う事です。

尚、男性は何歳になっても20歳前半の女の子が好きだという事が分かっています。

世の中には、恋愛離れによる未婚化も進み、40代の中年になっても結婚していない人がゴロゴロといるわけです。

統計的に考えて、1人の男性が20代前半の若い女性をゲットするには、平均すると8人の男性に勝たなければいけません。

つまり、20代前半の女の子は激戦区になっていますし、アプローチしてくる男性も沢山いるわけです。

それを考えれば、女性が男性を見る目が厳しくなり、溢れた男性が恋愛離れを引き起こしています。

しかし、この弱肉強食である恋愛の世界を勝ち抜くためには、上位20%に入る事が非常に重要です。

ボケーっとしていて、恋愛活動も美容も気を遣わずに異性をゲット出来るのは、生まれ持った美男美女だけだと考えた方がよいでしょう。

 

恋愛の現実を見ていない男女が多い

最近の恋愛業界を見ていると、恋愛の現実を見ていない男女が多いと感じます。

男性で中年童貞なんて言う言葉が聞かれますが、そういう人に話を聞くと「いつかいい人が現れるんじゃないか?」と思っているうちに、中年になってしまったという人も多いです。

男性でまだ、女性経験がないのであれば、さっさとそういう関係の店に行き、初体験を済ませるべきでしょう。

しかし、そういう男性は現実を見ていない状態が多く、「いつかいい人が現れるんじゃないか?」とか、「初体験は素人」という考えになっている場合も多いと言えます。

そういう女性はいつになっても現れませんし、20代で彼女が出来ない男性が、30代になったら急に彼女が出来るとか、そういう事はまずありえないと考えた方がよいでしょう。

それにも関わらず、「天使が舞い降りいて来るのを待つが如く」の男性が多いです。

男性が30代、40代で初体験だと、女性に対してリードする事が出来ない問題が発生します。

それは、女性に対して負荷が掛かる事もでもあり、女性に取ってみれば大変な相手になってしまう事でしょう。

女性経験がないのであれば、さっさと店などでお金を払ってでも、初体験をした方がよいかと考えています。

現代の女性の恋愛事情も話しますが、女性の方も年齢と共に相手に求めるものが上がってくる状態も多いです。

先にお話ししたように、女性が最も男性から需要があるのは、20代前半と言えます。

既に、20代前半が終り劣化が始まっているのに、理想は高くなっている場合も多いです。

若い頃は「イケメン」じゃなければ嫌だというのが多いですが、年齢と共に「お金も持っていなきゃ嫌だ」が加わったりします。

自分の需要が減っているにも関わらず、相手に求めるレベルが上がっているわけですから、これも恋愛離れの一つの原因となるでしょう。

もちろん、理想を低くしろとは言いませんが、需要が減っていて理想が高くなるわけですから、それ相応の行動が求められるわけです。

30代であれば20代の女性にも負けないような、肌や化粧の仕方などを覚える必要があります。

もちろん、20歳の女性が1の行動をしたら、30歳の女性では何倍も行動をしなけれていけません。

これが現在の男女の恋愛離れを引き起こしている原因だと私は見ています。

恋愛離れの最大の原因は、モテる人とモテない人の恋愛格差が凄まじい事にあります。

はっきり言いますが、人間は恋人に何を求めるかの最大の要因は「外見」だという事を覚えておくべきでしょう。

外見で落とされてしまえば、内面を見てもらう事もなく、恋愛対象から外れます。

美男美女に限りなく近づく努力をしなければ、現在の日本では彼女を作る事さえ難しいはずです。

私がいくら、この現実を言っても少子化問題は解決される事はないでしょう。

ただし、これを見ている人くらいは、恋愛は男女ともに「外見を重視する」という現実を受け入れて、外見強化に臨んで欲しいと考えています。

尚、男性の場合は、髪型と服装くらいしか気を使わない場合も多いです。

しかし、彼女が中々出来ないのであれば、髭脱毛をしたり化粧水、美容クリーム、パックなどを効果的に使い肌を良くしたり、中年男性であれば若返りを図る事が大事でしょう。

女性であっても化粧がさらに上手になれば、可愛くなれる場合も多々あります。

美容に力を入れれば、あなたが思っている以上に外見レベルは上がりますし、骨格が悪くても肌がよくなれば、雰囲気イケメンになれたりもするわけです。

本気で恋愛離れをしたのであれば、何も言いませんが、恋人が欲しいのであれば、とにかく徹底的に外見レベルを上げる事を考えましょう。

極限まで外見レベルを上昇させてから、出会いの場に行くべきです。

恋愛離れと言いますが、外見レベルさえ上がってしまえば、恋愛から離れる必要もないはずです。

モテないという劣等感も無くなりますし、人生も楽しくなり、仕事の成績なども変わって来る事でしょう。

外見がよくなければ何も始まらないという現実を認識してください。

 

関連記事:恋愛弱者のブサイクがモテる男になった方法

恋愛:恋愛に関する記事一覧はこちらから

 

 

商品評価の一覧はこちらから

商品&サービスの評価・・S(最高\(^o^)/) D(最悪( ;∀;)

    

 

-少子化対策, 恋愛

Copyright© 顔面格差社会・ブサイクが容姿改善@美容垢【男性版】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.